|TOPランキング説明新規登録変更・削除BBSチャットFAQ問い合わせ

オンラインショップで使えるオンライン決済の種類

ネットショップをするときにはいくつかのオンライン決済を利用すれば、多くの顧客を確保できます。例えばキャリア決済というものが用意されています。キャリア決済は携帯電話会社やMVNOなどが提供しているものです。キャリア決済を利用して商品を購入すれば、携帯電話の利用料金と一緒に請求されます。顧客側からすると、決済をまとめることができるので楽な支払いができるのが強みです。

 

またネットショップで使用可能なオンライン決済には電子マネーを使用した支払い方法があります。電子マネーは予めチャージした現金を使用して、商品やサービスの利用料金を支払うものです。クレジットカードとは違い、審査がなく誰でも気軽に導入できます。クレジットカードを利用できない層も使っているものなので、顧客の幅を広げることが可能です。

 

ちなみに電子マネー決済は利用上限が決まっています。そのため単価の安い商品に使う人が多く、オンラインショップで少額の商品を扱うときにマッチするのが強みです。基本的な決済方法には銀行口座を使用した手段が用意されています。自分の銀行口座を利用して商品代金を支払います。口座を利用して貯金をしている方も多いので、銀行口座をオンラインショップに導入すれば多くの顧客を確保できます。

 

選択肢の1つとしてID決済も導入してみましょう。ID決済は大手の提供しているポータルサイトなどのIDを利用して買い物をすることができるものです。ECサイトでID決済を利用すれば、選んだIDに紐付けされているクレジットカードやポイントなどを利用して商品を購入できます。わざわざサイトに新規会員登録をしなくても、すでにあるIDを利用して買い物ができるので手間がかからないです。

 

ID決済を利用するユーザーは主にクレジットカードをメインで使っている人たちと重複します。コンビニ決済は多くのオンラインショップで導入しているサービスです。コンビニを利用して代金を支払うものです。コンビニチェーンは24時間営業を行っているところが多く、いつでも支払いができます。幅広い世代に人気のある支払い方法です。

 

実際にユーザーがオンラインショップを利用するときに使っている決済手段では、コンビニ決済が2番目に多いという結果が出ています。ちなみにコンビニを利用した支払い方法は前払いと後払いが用意されています。支払い方法手段はたくさん導入すると、その分利用者層を増やすことができるので導入を検討してみましょう。

 



 
 
 
S・R・Cに掲載のサイトを利用することによって発生したトラブルや損失、損害に対して S・R・Cは一切の責任を負いません。ご利用者各位の自己責任においてご利用ください。
※個々の商品についてのお問合せは、各店舗様へ直接お願い致します。

Copyright(C)2003 S・R・C AII Rights Reserved